Suicaオートチャージ

Suicaオートチャージ対応カード人気TOP3

Web明細でポイント画像

visa.mc.jcb画像

定期券一体型カードあり

Suicaクレジットカードのオートチャージとは?

キャンペーン中画像

ビューカード画像

Suicaとは鉄道や、バス、買い物等で使用することができるJR東日本のICカードのことです。

 

入金(チャージ)することで繰り返し使え、定期券機能や、商店で使える電子マネーとしても使用できます。

 

乗り継ぎをした場合でも改札機にタッチするだけで自動的に料金を清算してくれますので、精算機や窓口での煩わしい精算は不要となります。(通常のSuicaを使用している場合、残高不足に陥ると精算機でチャージを行う必要があります。)

 

記名式のMySuicaやSuica定期券を使用している場合、紛失保証があります。(入金残高と、定期券部分が保証されます。)

 

<名称の由来>
Suicaとは、スイスイいけるICカードといった意味合いがあり、Super Urban Intelligent Cardの略称になります。(ロゴマークは西瓜(すいか)がモチーフとなっています。)

 

Suicaカードのオートチャージ機能とは?

ビュー・スイカカード

ビュースイカカード画像

visa.mc.jcb画像

 

クレジットカードとSuica定期券が一体化になったビューカードです。インターネットで申し込むか、JR東日本の主要駅にてお申し込み下さい。

 

年会費:500円が必要ですが、明細を郵送からWebに変更することで、年間600円相当のポイントがもらえるため、Web化できるのであれば実質的に100円分お得。

矢印画像

公式ボタン画像

 

001画像

 

Suica オートチャージとは、Suica付きビューカードを使用するか、オートチャージさせたいSuicaカード(MySuicaやSuica定期券等)と、ビューカードを連動(リンク)させることで、チャージする手間と、残高不足の心配がなくなるといった機能です。

 

オートチャージされたSuicaは、指定した金額未満になった場合、自動的にチャージされます。

 

<入金残高が1000円未満(入金実行判定金額)になった際、3000円(入金実行金額)を自動的にチャージするという設定例>

 

Suicaの残高が900円しかありませんが、目的地まで1200円掛かってしまいます。

 

通常のSuicaの場合予めチャージをしておくか、下車する際チャージが必要となりますが、使用しているSuicaにオートチャージ機能を設定しているため、自動改札機にタッチするだけでオートチャージが行われ、下車する際はそのまま自動改札機を通過できます。(入場時にオートチャージされます。)

 

決済は、自動的にクレジットカードによって行われますので、入金の手間が一切かかりません。(翌々月の引き落としになります。)

 

入金実行判定金額の設定や入金実行金額の設定は、「1000円以上10000円以下、1000円単位」で設定をすることができ、駅に設置されているVIEW ALTTEにて変更が可能です。(Suicaカードビューカードの連動もVIEW ALTTEで行います。)※VIEW ALTTEで行う登録や設定は全て無料で行えます。

 

おすすめ画像

 

Web明細でポイント画像

visa.mc.jcb画像

定期券一体型カードあり

    ビューカードおすすめポイント画像

     

    矢印画像

    公式サイトボタン画像